ラミネート加工

「ラミネート(laminate)」を辞書で引いてみると、「貼り合わせる」、「積層する」などの意味があります。「ラミネート加工」とは、その名の通り薄い各種専用のフィルムを印刷物に貼付ける作業の事を言います。ラミネート加工されている物で皆さんがよくご存知な物に、運転免許証・診察券・各種鑑定証書類など、様々な物に利用されてたりカッティングシートやラベルとして使われたりします。これらは、汚れ防止、改造改ざん防止、破損防止、劣化防止、防水のためにラミネート加工が施されているのです。ラベル印刷されている、キッチンで利用するものなどは水に濡れては印刷が読めなくなってしまうので、ラミネート加工で濡れても大丈夫な様にラベルを加工します。ラミネートフィルムは、目的・用途別に多くの種類があり、ほとんどの印刷物に対応しています。例えば、長期間屋外掲示用ポスターには、防水・色褪せ防止・強度補強・紫外線遮蔽のために印刷物表面には、太陽光の紫外線をカットするUVカットフィルムを貼り、裏面には糊付きフィルムを貼るコールドラミネート加工が施されます。又、飲食店でも最近よくみかける様になりました大判見開きサイズのメニューなどは、100μのホットラミネート加工が施されていて、これにより、防水性が確保出来ることと飲食関係のお店でもっとも大事な事である清潔が保たれ、イメージ的にお店の清潔感がアップし「きれい・清潔」をアピールすることが可能になりました。もしメニューが汚れても、頻繁にアルコールなどの消毒薬で拭く事が可能なのです。

ラミネートの構成

 一般的に熱ラミネートフィルムは、2〜3層式(基材+熱可塑性樹脂)になっており、基材側から加熱し、熱可塑性樹脂を軟化・溶融させ糊状にして、圧力をかけて貼り合わせる手法です。ラミネート後冷却することにより、透明性を保ったまま固化します。主な素材としては、LDPE(低密度ポリエチレン)、IO(アイオノマー)、EVA(エチレン酢酸ビニール共重合体)などが挙げられます。そのいずれの素材もポリエチレン、または極めてそれに近い性質のものとなっています。ポリエチレンは、スーパーの買い物用ポリ袋などに使用されている、ご家庭でもおなじみの素材のひとつです。下記に説明するフイルム用材料は、いずれも炭素と水素から構成されており塩素系物質は一切使用していません。そのため、焼却すると水と炭酸ガスになり、塩化水素ガスなどの有害なガスやダイオキシンなどを発生させることはありません。食品や医薬品の包装にも使用されている様に、非常に人体や環境に優しい素材となっています。熱ラミネートに使用されるフィルムのベースは大きく分けて、次の2種類に分類されます。

・PET(ポリエチレンテレフタレート、通称ポリエステル)

 レストランメニューや診察券、スクラップブッキングなどの用途に、PETフィルムラミネートは幅広く使用されています。強靭で、耐水性、耐熱性、耐衝撃性があり、防湿性やガス遮断性にも強い優れものです。身の回りでも、衣類(繊維)、飲料ボトル、ブリスターパックなどの包材など、幅広く使用されているものです。上記用途の他に、写真用印画紙の長期保存用など、透明度の良い写真用PETフイルムなどもあります。

・PP(ポリプロピレン)

 PPラミは本の表紙やカバー、化粧箱等(片面)、定期入れ用のカレンダーなど(両面)の様に、主に印刷物の後加工で使用されるものです。PETに比べて安価ではありますが、耐久性は若干劣ってしまいます。日用品では食品包材や、近年は脱塩ビの傾向から文房具や自動車の内装材などにも使用されるようになりました。ナイロンなどは、国内ではごくまれなものです。

Favorite

ミリタリーグッズ
http://www.rakuten.ne.jp/gold/auc-waiper/
エスニックファッションのことなら
http://www.asian-toybox.com
京都で前撮り撮影をする
http://www.himiphotography.jp/
人気シューズレッドウイング
http://www.rakuten.co.jp/clickmarket/
性病の専門
http://www.cellsee.jp/

Copyright (C) 2008 ラミネート工房. All Rights Reserved.